エクセル特支対応学校名簿

エクセルで特支対応学校名簿
特支対応学校名簿はマイクロソフトのエクセルでは教師が従来当然と思って見過ごしていた
学校での子どもの心配事を解消し、学校や学級になじみやすくします。
2018年10月の最新版に更新されました。

エクセル特支対応学校名簿のダウンロードはこちら
フリーソフト(無料です)作者:ごっち さん
動作OS: Windows 10/8/7
エクセル2007,2010

小学校の始業式や入学式で、漢字で書かれた発表名簿を見て、自分が何組になったかわからない子や、
友達が同じ学級にいるかどうか心配している子を見たことはありませんか。
また、
特別支援学級の子が、友達のいる学級と交流できると聞いたけれど、
その学級の名簿に自分の名前がないので心配している子を見たことはありませんか。
また、
担任名が分からないので、校長先生から発表があるまで子ども達が落ち着かなくて式がなかはな始まらなかったことはありませんか。
これらの問題を解決するために作成されたエクセルのファイルです。

・1年生はひらがな、2年生は姓のみ漢字、3年生以上は全漢字表記。担任名もこれに準ずる。
・小学校7学年(特別支援は7年生)、中学校・高等学校各4年生(同左)、各15学級まで対応。
・特別支援児童名を任意の位置(50音順や最後)に挿入した発表名簿と点検名簿を作成。出席番号は不変。
・交流学級の名簿は簡単に作成できるので、特支の先生が簡単に作成でき、普通学級の担任に負担をかけない。
・特別支援の児童は、技術的には何名でも挿入可能。

操作手順
①最初にこのエクセルのファイルを開くと、「設定&説明」シートが開きます。マクロを有効にし、右の欄に学校名、年度を入力。
②「学級担任」「めいぼ」シートを説明に従って入力またはコピーする。緑の項目を入力するとオレンジの項目は自動で入る。 
③「作成した学級を保存」で追加シートに学級名をつけて保存できる。
④名簿が正しく表示できないときは下の「ありがちなエラー」参照
⑤以下は印刷できる名簿と、それを印刷するシートとボタンの一覧です。

V4.3 特別支援児童入りの名簿を別名で保存したあと、
そのシートを元に次の名簿を作成してしまう失敗が多いので、注意書きを入れました。