エクセル MTグラフ(医療・要因効果図、各種グラフで診断・予測・識別)

エクセルMTグラフ医療系解析ソフト

手早さと正確さが要求される医療の現場、高い効率を要求される製造現場などでMTシステムを適用できるよう、
多くの患者さん、製品のデータを一括解析してグラフ化。

エクセル MTグラフのダウンロードはこちら
シェアウェア(有料です)作者:KTさん
動作OS: Windows 10/8
エクセル2013(32bit・64bit)に対応しています。
旧バージョンExcel2003など、(行 65536、列256)では、動作しません。

グラフ化後は、個々の要因効果図、グラフを瞬時に 切替え表示できます。
これが現場での診断・予測・識別の助けになります。
勿 論、研究、論文作成などにも使えます。生データグラフによる予備解析、
言語 データの数量化(ダミー変数化)などの付随作業も行えます。

医療用途を例にした操作マニュアル、サンプルデータもついています。
操作し ながら出力される要因効果図、各グラフからさまざまな情報を読み取ることで
MTシステムの学習にもお使いいただけると思います。

★注意事項

解析可能な最大データサイズは、項目数:1023、単位空間と信号と未知の合計メンバー数 1048560です。

連続観察可能な各要因効果図の最大数は5458。T法における「[一覧]推定値 要因効果図の要因効果図」の最大数は30です。

データサイズが大きいと時間がかかります。 搭載メモリ、CPU速度などに依存します。

本ソフトウエアを読み込む際に、「セキュリティの警告」が表示された場合は、
必ずコンテンツ・マクロの有効化ボタンを押してください。
押さないと、動作しません。

本ソフトウエアは、全41のシートで構成されています。各シートの名称変更、削除、編集などは しないでください。
動作しなくなります。

シート間の移動、シート内の移動はボタンで行ってください。手操作で移動すると誤動作します。

その他の詳細は付属の操作マニュアルを確認ください。